映画三昧記
                             
*2008年~ *2010年~ *2012年~  *2014年~  *2018年~  *2019年~ 
 *2020年~   *2021年~  *2022年~  *2023年~ 
映画三昧記2024年3月2日
●僕はあきれた映画2本見た。

「52ヘルツのクジラたち」を見た。

本作の成島出監督、「八日目の蝉」をピークに以降、凡作ばかり作り続けてきたので、
見る気はなかったが、本屋大賞の傑作のふれこみに重い腰をあげる。
いや~、大映テレビドラマを彷彿させるベタベタな展開にのけぞる。
クサく長々とした古臭い演出と、なんでそうなる、なんでこうなる脚本・・・。
あきれ返るを超えて腹が立つ。10人程度の客でも泣いてるお方もいる・・・。
そうか、このたぐいで、泣けるとは・・・。薄い。
レビュー評価見たら高評価。その中に、まとまな同意見があったが少数・・・。
情けなくなる。

隠れた掘り出しモノ映画「ヘタな二人の恋の話」の監督の新作だから、
期待を高くして、「18歳のおとなたち」を見た。

おいおい、何じゃこれ?です。あ~、期待した私がお恥ずかしい。
素人に毛が生えた程度のノリ。えっ、どうしたどうした、あの監督、どうした?
これが本当の実力か。見事なまでの学芸会です。
2022年、成人年齢が18歳に下げられたを受け、若者たちへエールをこめた作品。
上記の「52ヘルツの・・・」同様、陳腐なお話。
初日に、お客は私ひとり・・・。
”こんなものでお金とるなよ!”とブツブツ言いながら・・・見ました。

映画三昧記2024年2月27日
●僕をアップデートする。

「ちひろさん」を見た。

弁当屋で働く前は風俗嬢だったちひろさん。お店では人気者。
誰にでも分け隔てなく優しいちひろさん。いろいろな人のふれあいを通じて、
これからの人生を見つめ直す人間模様。主演は最近、株が下がった有村架純。
監督が「愛はなんだ」の今泉力哉、独特の演出は映画マニア向け。
それゆえ少々、間延びするが、ラストはきちんと締めてくれる。
まったり、ほっこりする一篇。
手放しではないが、いいと思います。

「ヘタな二人の恋の話」を見た。

生きることに不器用なふたりが出遭い、かさついた7年間の同棲生活を描く。
レビュー評価は凄く悪い、このタイトルに期待したからか、単純な恋話ではない。
一筋縄ではいかない演出、編集の妙、無名監督だが上手い。
レンタル店で見つけた掘り出しもの。ダイヤの原石を見つけたようにもの。

またまたレンタル店で見つけた掘り出し物、
2014年作、韓国のドキュメント映画、「あなた、その川を渡らないで」を見た。

76年間も連れ添った老夫婦の1年以上を見つめたドキュメント。
この映画、韓国ではミニシアター映画として細々公開され、クチコミから・・・
またたくまに拡大上映、460万人も見たほどの大ヒットに至ったと・・・、
観客の多くは年配者でなく、ほぼ20代とは、若い人たちが何故に・・・?
内容はポッンと一軒屋のような片田舎の川沿いの古びた家に暮らす
98歳の夫と89歳の妻。いつも寄り添い、無邪気にじゃれあう。
お揃いのおめかし服で買い物も一緒。たわいもないケンカも愛の表現。
そんな何げない一日、一日が愛に溢れている。
しかし、弱ってくる体、心配する子供たちとの様子をありのままの日常にせまる。
老いていく命の期限に向き合う二人の姿は尊とく、切なくも愛おしい。
まさに純愛。
そうか、前記に記した観客の”20代”が見た意味もなんとなくわかる。
昨今、殺伐とした世の中で、このように老夫婦になっても一途に愛を貫く姿に
私たちも、こうありたいと願ってか・・・。
素晴らしい作品です。
レンタル店には、まだまだ宝物が埋まっている・・・。ありがとう。

映画三昧記2024年2月26日
●僕はいらつく。

「マッチング」を見た。

予備知識なし、冒頭、内田英治監督・脚本とクレジットされ、いやはや、
あの愚作「サイレントラブ」のお方です、もうイヤな気分、で、案の定。
話のオチが回収どころか、突っ込みどころ満載、成立しない。
伏線もないご都合主義、どんでん返し連続風には開いた口が塞がらない。
この監督、全然、わかっていない。
そして、このタイトル、マッチングアプリネタだけど、それは導入部だけ。
レビュー評価に騙されないでネ。

映画三昧記2024年2月23日
●僕は寝た。

「マダム・ウェブ」を見た。

未来予知能力を得た女性ヒーローもの。
これがひどい出来。無駄な会話で時間稼ぎ、あ~眠気が襲う、いや、ちょい寝た。
カメラ振り回し、回転とクラクラする、下手な監督ほど、こんなえげつない
カメラワークで臨場感を出そうとするから手がつけられない。
アメリカで酷評の末、大コケもうなづける。
シリーズ化されるようだは、先が思いやられる。

映画三昧記2024年2月15日
●僕は去年、1番見たかったこの映画、
所要で見れず、6ヶ月、首を長くして待った・・・。
遂に、本日DVDレンタル開始です。ワクワク、ドキドキ・・・
「リボルバー・リリー」を見た。

はい、最高です!
レビュー評価に話が粗い、突っ込みどころ多いとか・・・、そんなのどうでもいい、
”美しき女暗殺者”なんだもん、細かいことはヤボです。
綾瀬はるかのいつものごとく、アクションは切れ味がいいし、イキイキしてる。
そして、綺麗、言うことなし。
内容もただのアクション映画にとどまらず、「GO」、「世界の中心で愛を叫ぶ」の
あの行定勲監督だけに大味にならず、きちっと映画に仕上げてくれています。
ワンカット、ワンカット、丁寧な撮影にも頭が下がります。
アクションシーンも工夫たっぷり、醍醐味、大正版?「ジョンウィック」を彷彿。
そして制作陣の意気込みもこだわりもヒシヒシ伝わり、胸が熱くなります。
綾瀬はるかの持ち味、脇役の俳優たちも、みんないい味出しています。
ラストも気持ちいい。
そこまでの高評価か?と言われそうですが、いいものはいい、大好きです。
行定勲監督、綾瀬はるか他、出演人、制作スタッフ、ありがとう。
感謝です。シ・ア・ワ・セ、生きててよかった・・・。

映画三昧記2024年2月10日
●僕の痛み。

「一月の声に歓びを刻め」を見た。

傑作「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督が自身が体験した性被害を
モチーフに、自主制作もいとわない覚悟で望んだ渾身作。
エピソードは三章として、三者三様の人間模様が描かれる。
1話はカールセル麻記主演、2話は哀川翔主演、(みな演技いい)、
それぞれの家族への向き合い方を、そして3話は、
監督が幼少受けた性被害の心の痛みを前田敦子が演じる。
特に3話は重い、ヘビー。
それを監督のたってのご指名に体当たり挑んだ前田敦子の演技は目を見張る。
このテーマ、この作り方は、たぶん賛否は2分するだろう・・・。
いかしかたがないだろうが、
今まで苦悩した監督のも持ってきようのない怒り、絶望、嘆き、
この作品に渾身の力で気力で臨んだということに鬼気迫るものがる。
私は拍手を送りたい。

(余談だが、私は過去に、仕事で親身になっていたバイトの女子高生に
身に降りかかった性被害を告白されたことがある。
彼女曰く、”車に連れこまれ、3人の男にレイプされた”、と、
まさに性犯罪である。この衝撃の告白は40年経っても脳裏から離れない。
あまりの告白に、その時、彼女にどう対応したのか定かではない・・・。
誰にも打ち明けらず秘めた苦しみを私に吐き出したかったのだろう・・・、
もうとう、慰めの言葉などかけようもない。
あれから彼女は、どう生きているのか・・・。
昨今の週刊誌等の性被害報道に、
何で今更とか、その時、警察に言わなかったのか?の声も上がるが、
私は、彼女たちの切なる思いに、とてもとても痛みを感じる。
やはり、性被害を直接聞いた当事者には、この映画も含め、
今でも今でも、とてもとても心が痛い。
どうか、あの彼女が今は平穏な日々を送っているのを願うばかり・・・。)

映画三昧記2024年2月9日
●僕を阻むものとは?

「夜明けのすべて」を見た。

岸井ゆきの主演「ケイコ耳を澄ませて」で一躍、名を馳せた三宅唱監督最新作。
PMS(月経前症候群)月に1度イライラが抑えられない女性と
パニック障害で苦悩する同僚の男性との心の交流を描く。
総じて、三宅監督流の淡々とさり気ない演出が心地いい(素晴らしい)が、
これが1時間半を超えると、物語の起伏のない展開な上、肝心のラスト30分、
ただただ凡庸なシーンの羅列にとても嫌気が差してきた・・・。
間違いなく、映画マニア受け、監督の”どうです、業界人、いいでしょう”が鼻につく・・・。
世界観も好き、嫌いでもない、よく出来ているのわかる、わかるが・・・、
もう少し、観客に寄り添って欲しかった、あえて、あえて・・・。

「サイレントラブ」を見た。

おぞましい出来。
視力を失った音大生、声を捨てた青年のラブストリーとなれば、フジテレビの
「サイレント」を、マシマシにした映画と思いきや、全体を覆うグロさ、
バイオレンスな味付けに、何じゃコレ?です。
よくもまあ、こんな脚本で製作する神経、感性を疑う。異を唱える者がいないとは・・・。
とてもイライラする映画、いや、観客を小ばかにした出来、
浜辺美波も、えらい作品に出てしまった後悔しているのでは・・・、黒歴史です。

映画三昧記2024年1月27日
●僕は淫靡。

「哀れなるものたち」を見た。

私の好きな女優、エマ・ストーンのお出まし。
予備知識一切なし鑑賞。女性の壮大なる史劇と思いきや、出鼻から、
改造人間にされたエマの登場。おいおい・・・、何コレ?もうついていけないヨ。
性に目覚めたエマ、オナニーはするわ、真っ裸で乳房丸出し、腰ふりふり、
SEXシーンに我が目を疑う。そんなエマ、見たくない・・・。
挙句は、いいかげんな男と駆け落ちの末、落ちぶれ、売春宿に身をやつす。
そこでいろんな男に抱かれまくる。もう勘弁して。
はい、鑑賞挫折、出ようと思ったが、我慢、我慢。
で、
不思議なことにそこから話に何故か、どんどん引きこまれていく・・・。
豪華セット、衣装など、エマの凄さが増していくばかり。まさにエマの独断場。
2時間20分、見終われば、淫靡で幻想的な世界にはまりました。
好きです。
ただし、映画好きでないとつらいですヨ。まさに芸術映画です。
人間の業、価値観、たくさんセリフに散りばめれてメッセージ性もあり。
アカデミー賞11部門ノミネートなるだけの作品です。
ハリウッド、商業主義の映画があふれている中で、志を持った骨のある取り組みに
制作陣の映画魂、頭が下がります。ありがとうございます。
そして、エマ・ストーン、やっぱいいです。

映画三昧記2024年1月25日
●僕は唸る。

「カラオケ行こ!」を見た。

はい、傑作です!
当初は見る気はなかったが、レビュー評価があまりにも高いので・・・、
うなづけます。お見事です。
ヤクザが合唱部の中学男子からカラオケの指南を受ける物語。
なんか、ありがちに陥りそうですが、そうではなかった。
選曲良し、セリフよし、間合いよし、これを料理したのは「リンダリンダリンダ」、
「天然コケッコー」などでおなじみ名匠・山下敦弘監督、腕が冴えわたる。
これは快作です。とてもとても映画してます。
友情、家族愛、 人間愛、愛がいっぱい詰ってあふれています。
素晴らしい!

映画三昧記2024年1月19日
●僕はもういいよ。

「ゴールデンカムイ」を見た。

明治末期の北海道を舞台にアイヌ埋蔵金争奪戦を描いた人気コミックの映画化。
鳴り物入りか、かなり前から予告編を見せられて、
でも、東宝御用達、「キングダム」の佐藤信介監督とは違うので危惧するが・・・、
案の定、面白くなかった、弾まなかった。ドラマが全然、ダメダメです。
ちょちょいハサむつまらんギャグが寒い、話を折る、
山崎賢人主演に罪はないが、「キングダム」と、この本作のシーリーズ化、
アクションの色、付き過ぎでは?
公開初日で午後の部、15人程度の入り。先が思いやられる。

DVD3本見た。

LOVE LIFE」を見た。
木村文乃主演、壊れゆく夫婦関係を描く。
ありえない台詞、あきれた展開、テレビ局メ~テレの60周年記念作品だとさ。
誰も脚本にダメだしも出来ないとは・・・、お恥ずかしい内容。

「せかいのおきく」を見た。
江戸時代のうんこ回収業者と長屋暮らしの武家育ちの娘との淡い恋。
話は冒頭からうんこアップ、全編うんこまみれ、監督は阪本順二だから映画してるが
うんこ、うんこばかり見せられては、ウンザリです。
うんこ好きな方は御覧下さい。

「ミンナのウタ」を見た。
「呪怨」の清水崇、新作ホラー作るたび劣化していく・・・。
これもそう。原点回帰か、後半は「呪怨」のティスト。
いや、まさに、そのもの。もう無理かな、頑張れ!

映画三昧記2024年1月13日
●僕は苛立つ。

「笑いのカイブツ」を見た。

笑いの構成作家の実話というから、期待もしたが(少なからず私も下流の立場)。
テレビの大喜利番組にとり付かれ、伝説のハガキ職人と呼ばれた男、
作家見習いの道に入るが、人付き合いに不器用なために追い込まれていく様を描く。
この男がとてもエキセントリック、挨拶も出来ない、礼も言えない、事あるごとに対立し、
自分が1番とばかりに見下ろし、わめく、たてつく、挙句は暴力を振るう。
何、これ?見ているのも疲れるし、この男に共感など出来訳が無く、嫌悪は増すばかり。
この男に笑いを極めれるわけがない。こんな実話、見たくもない。
笑いを求めるなら、一般常識をわきまえ、俯瞰で己を見つめられる冷静さがいる。
ただただイラつく人間に、笑いなど生まれないヨ。
全編、とても腹が立った。とても無駄な時間。
まだ又吉原作の映画「火花」の方がマシ。

映画三昧記2024年1月12日
●僕は何故か切干切り干し大根を食べたくなる。

「ある閉ざされた雪の山荘で」を見た。

閉ざされた山荘に集められた男女7人。ひとり、またひとり殺されていく・・・。
よくあるネタだが、東野圭吾原作ということで期待値は高い。
たが、冒頭から早々、不安がよぎる。やはり、物語がすすむとともに
なんも、面白くもない。オチもそれはないわ~!の嘆きと、ため息・・・。
とんだもの、見せれました。

映画三昧記2024年1月7日
●僕は凄く、すごく、感動する。

「天国はまだ遠く」を15年ぶりに再び見た。

15年前、とても好きな映画だったが、
正月早々、ふと、何故か舞い降りたように、この映画を思い出し、
ユーチューブで予告編を確認。ざわざわする、心がざわめく、
また見たくなる・・・。
で、見たら、いい、いいよ~!とんでもなくいいよ~!
最初に見た時より、10倍、いや100倍、いいよ~!
なんだ、なんだ、この気持ち!
お話は、自殺を決意し、奥深い片田舎の民宿にたどり着くが、
つれない対応の民宿の男、やがて、二人のやりとり、おいしい素朴な食事、
季節を彩る景色、満天の星空、村民とのふれあい、冷えた心を溶かしていく・・・。
やさしい時の流れだけが、そっと寄り添う・・・。

「かもめ食堂」含め、まったりとした映画ブームのひとつでもあった作品。
15年を経て、こんなにも酔いしれてしまうとは・・・、
今まで、押しつけがましいメッセージにあふれた映画まみれに馴らされてしまったか・・。
この映画をふたたび見て、いや、再びではない、
とてもとても新鮮な魅力に満ちた映画に初めて出会えた喜び、感動しかない。
ありがとう。シ・ア・ワ・セ。

映画三昧記2024年1月6日
●僕は炸裂しない。

「エクスペンダブルズ4」を見た。

このシリーズ、スタローンが音頭をとって往年アクションスターを勢揃させた、
ハリウッドの紅白アクション合戦なノリの映画で、3作とも、それなりに面白かったが・・・、
楽しみの久々に4作目登場です。
これが、どうもいただけない、あまりもお話もチープでお粗末。
アクションは、ステイサムの相変わらずの肉弾戦には敬意を表するが、
全体的に単調、撃って、殴って、爆発して、飛び散って、裏切って、
でも、ちっとも盛り上がらない。ほんまに面白くもなんともない。
オマケにエンドロールの異常な長さはおったまげです。
このシリーズ、打ち止めですネ。

映画三昧記2024年1月2日
●僕の新年のお初はアニメです。

「青春ブタ野郎ランドセルガールの夢を見ない」を見た。


前作「青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない」、シリーズながら、
初見でも、とてもとても良かったから・・・
公開1月経って、正月映画として、満を持して見る。
この世界観、なんとも言えない世界に導かれてしまう・・・。
いいな・・・。ポスターだけで判断しないで、ロリコンアニメではない、
思春期、親との関係、友達、かけがえのない恋人・・・、
いっぱい、詰まっています。お正月に気持ちのいい映画です。
いい年が始まります・・・。ありがとう。

映画三昧記2023年12月22日
●僕は今年を締めくくるにふさわしい作品で出会う。

待望の「PERECT DAYS」を見た


本年度カンヌ映画で役所広司が男優賞に輝いた作品。
監督は「パリ、テキサス」、「ベルリン・天使の詩」のドイツの名匠ビム・ベンダース。
東京、渋谷のトイレを舞台にトイレの清掃員の男の日々のゆらぎを描く。
役所のセリフはほぼない。ただただ寡黙に仕事をこなし、仕事帰りの銭湯、
安い飲み屋、古本屋の文庫本、車で聴く年代物の音楽カセット、たまに場末のバー。
古いアパートでの毎夜の読書と・・・、大きな事件は起こらない。
淡々とした、その日々の繰り返しの中で、彼の選択した人生を見つめる。
人の幸せのものさしを計る、人生観を問いかける 1作。
娯楽作ではない、映画好きじゃないと退屈かもしれない。
ただし、東京のアートなトイレの数々には驚かされますヨ。
それにしても、男優賞に輝いただけに役所の演技はまさに自然体、これぞアクター。
本当に年末に、今年を締めくくる映画に出会えたシアワセ。ありがとう。
本年度NO.1の映画です!
今年は私にとって、とてもとても勉強になる1年でした。
感謝です。
また、今年見た映画は135本です。
そのうち、123本を映画館で見ました。映画館で見る映画、本当にいいですネ!


*2023年~ 

上へ戻る

制作:chuei.jp
四日市中映シネマックス

STAFF: Setuo Watanabe  Namiko Tati  Tiaki Kobayasi  Mika Tutui
THANKS: Yasuo Itou  Yosiyuki Oota  Hiromitu Ootuka  Turukiti Suzuki  Tosimizu  Miki Nakamura